酷すぎる便秘

リリンの痔レポ

【便秘】便秘が酷すぎるとどうなるのか?経験談と共に解説!【実録】

リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!

今回は、私のお尻の痔が悪化した最大の原因である「便秘」について、リアルな経験談を踏まえてお伝えしていきたいと思います。

こんな方におすすめの記事です

  • 便秘になるとどういう苦しみがあるのかが知りたい
  • リアルな便秘の体験談が知りたい

 

※内容が内容なだけに一部文章描写が過激です。お食事中の方などは閲覧注意とさせてください。

 

リアルな「超便秘」になると、本当に便が出ません

本当に、出なくなりますよ。

普通の人:便意が来たらトイレに行って出す

便秘の人:便意が来てトイレに行っても中々出てこない

超便秘の人:そもそも便意が来ない

個人差はあると思いますが、私の全盛期はまさしくこの「超便秘」に該当していました。

1週間ぐらいは普通に出ませんでしたね。

 

私の便秘全盛期は・・・

ということで、詳細を詳しく掘り下げていきます。

多分普通の方だと想像しづらいレベルの話がでてきますので、想像力豊かに読んでいただけると幸いです。

 

1週間出ないのが当たり前の生活

本当に、当たり前でしたね。

「超便秘」の特徴を少し話しましたが、まさしく私がソレでした。

普段の生活では便意が一切来ないのです。

しばらく便が出ていないときに、下腹部左側を押すとちょっと硬い感覚が分かります。

リリン
なんか硬いモンが詰まってるなぁ(すっとぼけ

明らかに大腸に便が詰まってる状態ですね。恐怖です。

 

で、1週間ぐらい出ないと、時々腹痛がするようになります。

下痢の痛みとは明確に違う、下腹部の痛みですね。

流石に危機感を覚えるので、トイレにこもる覚悟をするわけです。

 

トイレに座ってからも地獄

まだまだ地獄は終わりません。

 

いざトイレの便座に座って2~30分ぐらいいきみつづけると、ようやく便が降りてきます。

カッチコチになった1本のクソが、すこしず~つ顔を出すような感じです。

マジで硬いです。凍ったバナナをそのままケツから出しているといえばいいのでしょうか。

 

で、あまりにも硬すぎて痛すぎて中々最後まで出てこないので、一度直接見たことがあります。

出ているときに前かがみになって、便座の隙間から見ようとしたわけですね。

肛門の皮がめちゃくちゃにひっぱられてるのが見えました。

正直、我がケツながらグロかった・・・。

 

で、出している途中で完全に止まってしまうときもあるのです。

そんなときは、思いっきり肛門に力を入れて絞めて、バナナ(隠語)をぶち切ります。

 

出てきたバナナを直接指でつかんでひっぱったこともあります。

もう二度とやりたくはありません。

 

出した後はもっと地獄(痔)

出すまでがめちゃくちゃな一苦労なワケですが、出した後も問題です。

・硬すぎて流れない
・血が止まらない
・ウォシュレットで洗おうにも傷口に水が沁みて痛すぎる
・肛門が腫れあがって脱肛している

マトモじゃあないですね。

 

家のトイレを数えきれないぐらい詰まらせました

硬すぎてクソが流れないわけですが、まだ経験が浅く未熟だった最初のころにはトイレを詰まらせてしまった経験があります。

硬い便+ペーパーを多く使ってしまうとすぐに詰まるわけですが、便秘も末期のころになると、ペーパーを使わずに便の硬さだけで詰まってしまうこともありました。

私の実家のラバーカップは、間違いなく日本で一番活躍してくれた勇者でしょう。

< やぁ

 

あの頃には、本当に母親には迷惑を掛けました。

トイレは毎回詰まらせるわ、便器は血で汚れているわで、相当面倒な子どもだったでしょう。

 

最後に:便秘はマジでいいことなんて無い!

酷い便秘になるとどうなるかの一端をお伝えしました。

・便秘が酷いと排便が辛いため、トイレに行きたくなくなる
・痔の症状がどんどん悪化する
・便秘にいいことなんて何もない

アナタは私のようになってはいけません。

リリン
健康的な生活を送り、便秘にならないようにしましょうね。

 

 

ブログランキング

-リリンの痔レポ

© 2020 痔-Blog