痔の基本知識

【あな痔】あな痔(痔ろう)とは?原因と症状を詳しく解説!【痔瘻】

リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!
今回は、痔の種類の中でもかなり特殊な"あな痔"について、その原因と症状を解説したいとおもいます。

こんな方におすすめの記事です

  • そもそもあな痔(痔ろう)って何?
  • あな痔になっちゃったかもしれないけど、原因や症状をよく知らない・・・

 

あな痔って一体なんなの!? →ケツの横に穴が空く痔です。

あな痔という名称は、いわゆる通称です。

正式な医学用名称は、痔瘻(じろう)と呼ばれています。

 

引用元:痔-WEB 様

超カンタンに言うと、肛門の横にある溝に細菌が入って化膿して膿が溜まり、穴が空く病気です。

 

あな痔の原因は?

ズバリ、肛門線に便が入ってしまい細菌で化膿してしまうこと

肛門線の手前には「肛門陰窩(こうもんいんか)」という小さな穴が12個ぐらいあり、このポケットから肛門線につながっています。

普段はこの肛門線に便が入ってしまっても免疫が働いているため何もなりませんが、免疫力が落ちていると化膿してしまうことがたまにあります。

化膿した状態でどんどん膿がたまっていきますが、溜まった膿はトンネルを掘り進めるように侵食していき、最後には皮膚に穴が空くわけです。

 

化膿で腫れて膿が溜まっていく状態を「肛門周囲膿瘍」といい、穴が空いてしまった状態を「痔瘻(じろう)」と呼びます。

 

あな痔の症状って?

あな痔には、切れ痔やいぼ痔には無い特徴的な症状がいくつかあります。

・膿みが漏れてくる

・発熱

・激しい痛み

・腫れ

特に、膿が漏れて出てくるようであればほぼ確実にあな痔です。

必ず病院に行くようにしましょう。

 

あな痔の対処方法は?

 

 

ブログランキング

-痔の基本知識

© 2020 痔-Blog