痔の基本知識

【いぼ痔】いぼ痔とは?原因と症状を詳しく解説!【痔核】

リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!

今回は、痔の種類の1つである”いぼ痔”について、原因と症状を詳しく掘り下げていきます。

こんな方におすすめの記事です

  • 自分の痔がいぼ痔なのかどうかわからない
  • なぜいぼ痔になってしまったのか、考えられる原因が知りたい

 

そもそも"いぼ痔"とはどういう状態?

一般的に「いぼ痔」と呼ばれる症状は、医学的正式名称としては「痔核」と呼ばれます。

その正体は、肛門の周辺にできた、動静脈瘤の一種です。

言葉だけ聞くと難しいですが、単純に『肛門にできたイボ』だとおもってください。

出典:痔-WEB様

図を見ていただくとわかりますが、痔核には2種類あります。

肛門より内側に出来た状態を「内痔核」、外側にできたいぼを「外痔核」と呼びます。

 

いぼ痔の原因

いぼ痔が発生していまう原因は、うっ血部ができてしまうこと。

これに尽きます。

うっ血とは、なんらかの原因で静脈の血の流れが滞った状態のことを指します。

うっ血部が、そのままイボのように膨らんでくるのが「痔核」と呼ばれるわけです。

 

うっ血が起きる原因は、とても様々です。

・排便時の過剰なイキみ
・過度に硬い便
・長時間の座り姿勢 または立ちっぱなし
・加齢
・不摂生
・ストレス
・妊娠、出産

よく挙げられる原因はこのあたりですね。

 

いぼ痔の症状

いぼができることで、様々な症状が現れます。

いぼがあることで、排便の際に擦れたり、炎症を起こすのですね。

内側のイボは比較的痛みが少ないかわりに出血が多く、逆に外側のイボは痛いかわりに出血が少ないパターンが多いです。

もちろん程度によりけりですが・・・。

 

内側にできたいぼ痔の場合、酷くなると肛門外部にまで出てきてしまう [ 脱肛 ] という状態になったりします。

軽度の脱肛であれば自然に戻るのですが、重度になると指で押さないと戻らなかったり、押しても戻らないほどになったりします。

この状態だと、痛みもかなりあって辛いです。

 

いぼ痔になってしまったときの対処方法は?

[maxbutton id="1" url="https://ji-blog.com/warts-myriods-treatment-prevention/" text="【いぼ痔】いぼ痔の治療法・予防法【痔核】" ]

ブログランキング

-痔の基本知識

© 2020 痔-Blog