"痔"のことで悩むアナタに、痔に関する様々な情報をお届けするブログメディア

痔-Blog

痔Topic

【痔】ウォシュレットが痛すぎて使えないときの対処法【温水洗浄便座】

更新日:

本記事の内容

  • 正しいウォシュレットの使い方
  • お尻が痛くてウォシュレットがうまく使えないときの対処法
  • 本当に痛すぎてウォシュレットが全く使えない場合に考える対処法
リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!

痔主のアナタ。

「ウォシュレットが痛すぎて使えない!」なんてことでお悩みではありませんか?

痔主歴17年の私も、ウォシュレットには長年お世話になっていますが、使うたびに痛い思いをしています。

そこで今回は、「痔でお尻が痛くてウォシュレットが使えない」ときの対処法をお伝えしたいと思います。

[st-kaiwa5r ]ウォシュレットのせいで痔が余計に痛くなっちゃうんだけど・・・[/st-kaiwa5]

リリン
大丈夫!出来る限りの対処法を痔主歴17年の私が教えます!

※「ウォシュレット」はTOTO株式会社の商標です。一般名は「温水洗浄便座」ですが、通称としてウォシュレットのほうが一般的に扱われています。よって本記事では統一して「ウォシュレット」として表記していることを予めご了承ください。

 

前提:正しいウォシュレットの使い方を知っていますか?

まずは、アナタが本当に「正しいウォシュレットの使い方」をしているかどうかを再確認しましょう。

別の記事に「ウォシュレットの効果的な使い方」をまとめてあります

痛すぎてウォシュレットがうまく使えないときの対処法

もしアナタが正しいウォシュレットの使い方をしていて、それでもウォシュレットが痛く感じるならば、工夫が必要です。

以下の項目を順に試してみてください。

1.水の勢いは「最弱」に

まず、水の勢いは「最弱」であることがゼッタイです。

傷口をしっかり洗いたいとか、汚物をちゃんと洗浄したいという気持ちがあるのは重々承知です。

しかし、それでも水の勢いは「最弱」にしましょう。

 

2.温水ではなく冷水で洗う

便座の機種・設定によっては、デフォルトで温水が出るようになっていることが多いです。

温水機能は停止して、冷水にしてしまいましょう。

温水のほうが洗浄力が高いのは事実ですが、患部を温めることで痛覚が刺激されてしまっているのです。

痛みを少しでも早く治めるために、冷水で患部を冷やしてみましょう。

ただし、当てすぎ厳禁です。

 

3.直接当てずに穴の周りに水を当てる

痔の患部は、内側の痔にしろ外側の痔にしろ、ほぼ間違いなく「肛門の穴部分」にあります。

※脱肛や深い切れ痔の症状などの場合はこの限りではありません。

そこで、直接穴部分を洗うのは諦めて、肛門の周辺に水を当てるようにお尻の位置を微調整しつつ洗いましょう。

周りに水を当てるだけでも、跳ね返りの水と滴る水滴である程度の汚れは洗いきれます。

そのあと、優しくペーパーを当てれば最低限の洗浄効果は得られています。

 

4.ウォシュレットは諦める

ウォシュレットの水を当てることが、どうしても痛すぎて出来ないということもあるでしょう。

なればこそ、ウォシュレットの代案を使うことを検討しましょう。

厚手のウェットティッシュ
スキナクレン(泡洗浄)

厚手のウェットティッシュ(おしり拭き)

ネピア(nepia) おしりセレブ WET ウェットタイプのトイレットペーパー 詰替え用 60枚入 無香料 王子ネピア

created by Rinker
¥300 (2019/12/03 08:45:41時点 楽天市場調べ-詳細)

成人でも使えるタイプのおしり拭きです。

使った後はそのままトイレに流せるので、普通にトイレットペーパーの代わりとして使うと良いでしょう。

ウォシュレットを使わない代わりに、塗れたペーパーで優しく拭くわけです。

 

スキナクレン(泡洗浄)

スキナクレン 150ml

created by Rinker
¥879 (2019/12/02 16:51:33時点 楽天市場調べ-詳細)

泡で汚れを落としてくれる洗浄剤です。

直接擦ったり水を当てたりする必要がないので、ウォシュレットの勢いにゼッタイ耐えられない場合にオススメです。

 

どうあがいてもウォシュレットを使うとお尻が痛くなるときはあります

正直なところ、痔主である以上は「ウォシュレット=痛い」という方程式はほぼ覆すことができません。

痛いときは、なにをやっても痛くなってしまいます。

先ほど伝えた対処法は、あくまで「痛みをなるべく抑える方法」であり、「痛みをなくす方法」ではありません

そこで、痔主のアナタに改めてお伝えしたい「事実」を述べたいと思います。

傷口に水を当てると痛いのは「必然」であることを認識する

身もふたもありませんが、現実はこうなんです。

痔は立派な外傷なので、洗おうとして水を当てると痛いのは「必然」なんです。

もしアナタが転んで擦り傷ができたら、多少痛くても傷口はちゃんと水で洗いますよね?

痔主にとってのウォシュレットは、まさにそれです。

ヘタにウォシュレットを使わずに放置してしまうと、どんどん痔の症状が悪化してしまう可能性が高いです。

 

「我慢できる痛み」ならば我慢してでもウォシュレットで洗おう

痔の症状を悪化させないためには、ウォシュレットを使うことはかなり重要です。

なので、「我慢ができる痛みならなるべくウォシュレットは使おう」というのが、私の主張です。

 

ぶっちゃけ、めちゃくちゃ痛いときは痛いです。

裂けた皮膚のところに水を当ててるわけですから、痛くないわけはないですね。

痛すぎるときには、嗚咽を上げながら洗うことだってあります。

でも、それは私にとって「我慢できる痛み」なのです。

その場で我慢すれば、より早く痔の症状が治まることが分かっていますから。

 

ウォシュレットは「洗いすぎ」てもダメ

ところが、ウォシュレットで洗うことに固執しすぎてしまうことも実は危険です。

肛門は皮膚ですし、内側は粘膜で出来ています。

洗いすぎてしまうと、表面を保護している成分がどんどん剥がれて炎症を起こすことがあります。

痔の症状と合わさると、酷い状態に腫れあがることもありえます。

ウォシュレットはあくまで「汚れを洗い流す」だけに留め、なるべく使用時間は短くするように心がけましょう。

 

そもそも「我慢できない痛み」なら病院へ行こう

「我慢できる痛み」なら我慢してウォシュレットを使ったほうが良い。

しかし、これはあくまで私の経験上の話です。

アナタのお尻の状態がどの程度悪いのかは知りませんし、もしかしたらかなり悪い状態である可能性だってあります。

本当に「我慢できないほどの痛み」が起きているなら、おとなしく病院にかかることをオススメします。

痔は、どうあがいても病気です。

病気は医者に診てもらうのが一番なのですから。

 

記事まとめ:痔とウォシュレットは切っても切れない関係!うまく付き合っていこう!

記事内容まとめ

  • ウォシュレットは正しい使い方をしよう
  • 痔でお尻が痛くても、ちゃんとウォシュレットを使おう!
  • どうしても我慢できない痛みなら、おとなしく病院に行こう!
ウォシュレットをうまく使わないと、ダメなんだね・・・
リリ子
リリン
慣れるとあまり鋭い痛みがないようにウォシュレットを使えるようになるよ!

 

痔主とウォシュレットは常に深い関係にあります。

うまくウォシュレットと付き合っていきましょう!

 

ブログランキング

-痔Topic

Copyright© 痔-Blog , 2019 All Rights Reserved.